20150112

ビジネス界は乱世。大動画時代到来。動画だ動画だ、みなの者であえ~。と、2年前くらいから動画を勧める声があがり始めていましたが、私は全くピンときませんでした。でも、不思議なもので昨年の夏くらいからピンがやってきました。そして心の中で叫びました、「今や!今しかない!」と。

今日出来た動画

これです。

なぜ、動画にピンとこなかったのか?

この理由は、すごい簡単です。今までアップしていた方の動画を見て、そのあまりのクオリティの低さに積極的に取り組めませんでした。

再生して15秒後に見る気がなくなる

きっと体験したことがあると思いますが、誰かが作った動画を見て5秒、10秒と時間が進むにつれて高まる感覚。

あれ?なぜか分からないけど恥ずかしい。

自分が映っているわけでもないし、内容も真っ当なのに恥ずかしい。なにこれ?この感覚はなに?あーー!ダメだ。動画を止めてしまおう。もっといえば、この人の動画は一生見ないようにしよう。

しゃべりがとにかく下手な動画ばっかり

動画の良さって何回も取り直せるところです。なのに、なんでこんななの?という動画が多く、これは自分が取り組んでも良いアウトプットができなそうだぞ…

こんな風にひよってました。画質も悪くて、話し方も抑揚がなくて一定な動画は見ていられませんから。

だって、閲覧者の方の貴重な時間をいただいているのにクオリティが低かったらダメじゃないですか。セミナー開催して登壇したはいいものの、赤面してちょっと何言っているかわからない状態だったら許されませんよね?

ビデオ編集が難しそう

やったことがないので、難しそうに感じていました。だって業者のホームページを見ると撮影込みでスゴイ値段なんだもん。中古の軽自動車買えちゃうじゃん!って感じ。

で、思った。先人がしょぼいからといって難しいとは限らない

一緒に会社をしている佐藤さんのオファーでストック型ビジネスを立ち上げることに。月額課金型の動画セミナーコンテンツです。

年明け1/8に撮影が決まり、年末年始の間に動画編集と撮影の勉強をし始めました。

カメラの設定

私がいつも撮影で使用しているカメラは、全く高価なものではありません。価格.comで口コミの良かったCANONの機種です。取説やユーザーのブログを見て、機能をフルに使えるようにしました。画質設定とフォーカスをマニュアルにし、TPOによってベストな設定ができるようになりました。ついでに、ライトと三脚も購入。

動画編集の勉強

今まで使用していたソフトを卒業し、新しいソフトへ乗り換え。AMAZONで4千円くらいする本を2冊購入し、ひたすら勉強。スクールも考えましたが3ヶ月で30万は嫌だ~というわけで独学。

そして、できたもの

ブログも書かずに何をしていたかというと、こういうものを作っておりました。

<JCC Channel>

2014011201

憧れだった、YouTubeチャンネルの「チャンネル紹介動画」も設置し、その下に幾つか動画を並べることができました。背景が全部同じなので、あとはそこを手直しして軌道に乗りそうです。

そして、特筆すべきは動画編集技術の向上。まったく難しくありませんでした。映画のような企業ロゴも簡単だったし、もともと話が上手い佐藤さんの話をさらに聴きやすくする編集も視聴者目線に立つことでコツが掴めました。

閲覧者が恥ずかしくならず、退屈もせず、見たくなる動画の編集方法

  • まず、その動画のキャッチフレーズを宣言する
  • で、何の動画なのか分かるお決まりのタイトルを入れる(絶対に短め)
  • どんなに話がうまい人でも、間を切る。とにかく切る。

対面のコミュニケーションは話し手の「間」が大事ですが、ビジネスのアウトプット動画は確実に「テンポ」の方が重要です。そして、キャッチフレーズ→タイトル→本編という流れも様々な動画を見た上で、この順番がベストだと考えています。

ひとり語りの場合のサンプルがこちら。

これ、たとえ話があまり上手くない私のような場合でも、細かく切ることでだいぶごまかせるな、ということが分かりました。気が向いたら撮ってみますか。

一人で話すのと対談はぜんぜん違う。

今回は、美容業界向けのノウハウ動画のYouTubeチャンネルを作りましたが、本編の講座ばかりだと、だんだん見るのがキツくなる人も居るかなと思いました。

もっと気楽に見られて、話は本編に隣接した内容にしよう!ということで、私も出演したアフタートークを本編と対で制作しました。少し肩の力が抜けて笑いありな内容になっています。

固定カメラの場合、いつも同じ人が同じテンションで堅い内容を話していると疲れちゃいますよね。きっとこれは話が上手で編集がスペシャルでも回避できないと思います。そういう時は複数人や、場所を変えるのも良いんじゃないかなと思っています。

動画ってまったく難しくないよ

私はデザイナーじゃないし、動画編集は趣味レベルでした。でも、一週間でここまで上達できました。ビフォーが気になる方は、このブログに既にある動画をご覧ください。画質、人物の肌の質感、編集タイミング、そして演出、すべてが飛躍的に向上しています。

でも、これは私がセンスあるって話じゃなくて、誰でもできます。ハッキリ言うとホームページを作れるようになるのは大変だけど、動画はそれに比べれば、ある程度になるのはとっても楽です。

後発組だと尻込みされている方!思ったより難しくないから、質で勝負すれば先行者に勝てると思いますよ。別に良いカメラも要らないですしね。

ただ、時間はかかりますね。初めての用語を覚えたり、あれ?明るくするのどうするんだっけ?とか。ウェブで使える形式に書きだすのに時間もかかりますしね。でも、誰でもできると言い切って良いと思います。

おわりに

そして、この動画講座をマネタイズして…。うわ。マネタイズとか言ってしまった、恥ずかしい(照)こういうのもやめていきますよ、今年は。

きちんと収益化して、ストック型ビジネス構築のノウハウをさらに蓄積していきます。今回紹介した動画の話は、美容業界でなくとも参考になる内容ですので、ぜひご覧になってくださいね~。


2015/01/12

コンサルティング