2015032401

去る3月21日に山梨県のとあるキャンプ場にて、一泊二日のキャンプをしてまいりました。ホストは、ダイナミズムの制作でお世話になった円城寺さんです。前を見るか過去を振り返るかしか出来ない私が「何もしない」を学びに行ったしだいです。

 こんなキャンプでした!という動画

スタイリッシュですね。汗だくでヤキソバ焼くキャンプではありません。今日のテーマは「何もしない」です。普段、未来の計画を立てて進めるか、過去を振り返り教訓を見い出すことしかしていない私が何もしないというのは大変勇気がいることなのです。

でも、みなさんだってそうですよね?働くの好きでしょ?

しかし、何もしないとは言え、住むところが無いと困ってしまうのでテントを建てることになります。

ノルディスク アルフェイムを20分で建てよう!

今回、泊まったテントは円城寺コレクションの中からノルディスク社のアルフェイムというものです。

どうですか?この手際の良さ!もう早送りにしか見えないですよね!

円城寺さんはこの巨大なテントをたった一人でわずか16分で建設!しかも長期泊できそうな設備とムダなものゼロなシンプル設計。器具も最低限、まさにミニマリズムの極みです。

テント内で調理ができるなんて、キャンプでも引きこもれちゃいますね~。この後、テントでダラダラとビールとメザシとスナックを食べて過ごします。

横のファミリーが大騒ぎをしていて子ども達が「ダイヤより黒曜石のが凄いんだぜー!」ってゲームか何かの話をしている内容が聞こえてくると

「あと15年したらダイヤのがよくなるよ…」

ってツッコミを入れる余裕すらある自分を取り戻しているのを感じられました。そして、ダイヤモンドより価値があるもの…

それは、肉です。

マカダミアナッツチョコレートスペアリブ(林作)

立派なポークリブがあるもの、調味料がスパイス類しかない。でも、焼肉のタレとおやつのチョコレートはあるということで、クックパッドなど見ず「昭和流の勘」でスペアリブを作ってみました。不思議な味(笑)でも美味しかった。

まぁ、このスペアリブは円城寺さん担当のカレーへのプレリュード!単なる前奏でしかありません。

スパイシー・チキン・インド・カレー(円城寺さん作)

全く知らなかったのですが、円城寺さんはインドカレーフリークで、年季の入ったカレー二ストでした。カレーニストっていうのがあるかは知りませんけど。

2015032402料理ができるメンズは素敵でございますねぇ。それにしてもスパイスがいっぱい入ったポーチ凄いですね。

開いた瞬間「わぁ!」ってなります。女子力が高いこと高いこと。

そして、カレーがひとまず完成した後、時間を置いて温度を下げ、味を染み込ませるために温泉に行くことにしました。

いざんゆかん!ほったらかし温泉へ

険しい山道を汗だくで登り、温泉に入る。行ったのは、ほったらかし温泉という、温浴施設。

想像していたものと違って、それほどほったらかしではありませんでした。ご飯とか売ってたし、休憩所もあり、快適でした。

いいお湯でした。しかし長居は無用。なぜなら、あの不思議な円錐形のテントに本格スパイシーチキンインドカレーが待っていたから。

キャンプといったらコレ!「夜の語らい」

お腹いっぱいのため、少し眠い状況でしたけど、2時間ほどじっくり話すことが出来ました。その前のほったらかし温泉でも1時間は話していたので、かなり対話が出来たと思います。

仕事や生き方などの価値観を交換する行為を長時間成立することができるのは、つまり分かり合えたことを意味します。

対談でも話していてカットしてしまったのですが、円城寺さんが書かれているブログは、とても分かりやすい言葉で書かれていて、ためになるので必見です。

<円城寺さんのブログ:目的思考で弱者が強者に勝つブログ

何かよく分からんカタカナまみれのくだらんコンサルが書く「かろうじて日本語」のようなブログとは大違いで、等身大の円城寺さんが感じたことや、ジレンマ、気付き満載です。キャンプのテーマが無いのが残念ですね(笑)

こうして、初日の夜が更けていきました。

そして、朝

2015032403朝食は人間の活力!朝食こそ全力!朝食を笑うものは朝食に泣く!というわけで、朝ご飯はステーキです。甲州ワインビーフ。美味かったー。

そしてサプライズで、あのやはたいぬグッズをいただきました。ありがとうございます。

帰り際にキャンプ場のオーナーから「いい画撮れたか?キャンプ場の宣伝はしなくていいぞ。あんまり来ても困るから」と釘を刺され、ご丁寧に見送られながらキャンプ場を後にしました。

その後、もっかいほったらかしの湯に行ったんですけどね(笑)

本研修のまとめ

今回のキャンプは「何もしない」を学ぶためのものでした。そんなことを一切してこなかった私が感じたのは「こういうの必要」です。最後の動画で円城寺さんも仰っていますが、キャンプってすごろくの一回休みみたいなもの。

一回休みが2回や3回あったって、勝ちにはそんなに影響しないし、なにより現実では「キャンプの前は楽しみで」「キャンプの後はリフレッシュ済みで」生産性が上がるのはいうまでもありませんよね。

また、今回の動画をご覧いただくと、私も円城寺さんも自然体だなと思われるでしょう。しかし、この空気を作ったのは、円城寺さんが私に気づかれない気配りをしてくれたからであり、そうでなければ、のんびりゆったりの場がこんなに長く成立することはありません。嫌な部分が見えることもなく、「山梨っていいな、キャンプっていいな」って気持ちで帰れるのは円城寺さんのおかげですね。

ぜひ、何もしないを楽しめる人間になれるよう頑張っていきます!

円城寺さんとキャンプに行きたいって人!

2015032404ホライズンワークスのイベントに円城寺さんがよく来てくださるので、運良く同席された方は運命だと思って行きましょう。また、旧知の仲の方は再来週にでも行った方がいいですよ。

そして、キャンパーたちのブームになっているステッカー。仲間同士で交換してギアに貼って楽しむものですが、円城寺さんとキャンプに行った方はこのオリジナルステッカーがもらえます。

今後、オリジナルのカップなどが出来ているかもしれませんね。こちらの動向も楽しみです。

そして、最後になりますが2日間本当にお世話になりました。円城寺さん本当にありがとうございました。また行きましょう!


2015/03/24

コミュニティづくりコンサルティング研修レポート